こんなはずじゃなかったのに…転職失敗体験記を募集中です。

転職失敗体験記.comでは、転職したものの失敗に終わってしまった体験記を紹介しています。
ユーザーのみなさまから寄せられた、体験記をどうぞお役立てください。

   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25  
恐怖のトップスタイリスト
女性/29歳/eeyore

これまで、学生時代からのアルバイトの延長で、スーパーに勤めておりました。アルバイト時代はレジでしたが、正社員になってからは鮮魚の担当をしていました。
しかし、遠距離の彼氏と結婚することになり、彼の住んでいる街へ引っ越すためスーパーの仕事をやめました。
新たな土地での生活も慣れてきた頃、私もそろそろ働きたいなぁと思い仕事を探し始めました。そこで見つけたのは、大きなショッピングセンターに入っている美容院の受付のお仕事。人手不足なのかすぐに仕事が決まりました。それまでは食品を扱う仕事だったので、髪も爪もオシャレとは程遠い生活で、美容院のキラキラな世界に憧れていたのです。初めは、ネイルしたって髪を染めたって怒られない環境に感動しまくっていました。
次第に電話を任されるようになって、お客様の予約をとるようになりました。その電話のほとんどが、当日の予約。ほとんど予約が埋まった状態ですが、お客様の希望日時をスタイリストに確認して予約をとる、これが私の仕事でした。これがかなり難しかったのです。何せショッピングセンターの中にある美容院なので、買い物ついでに今出来る?みたいなお客様が毎日毎日押し寄せてきます。なので毎日その日の予約に余裕があっても、すぐ店頭にきたお客様でうまります。電話で当日予約をとるのは至難の技、という感じ。お店のオーナーは売り上げ重視なので、予約パンパンでも、お客様を断わるな!という考えなのでスタイリストも休む間も無く仕事をこなします。予約は、どんなにパンパンでも、受付は必ずスタイリストに確認するのがルール。なので勝手に、その時間は他の方の予約が入っていますので、、、ということも言ってはいけませんでした。スタイリストはいつもピリピリしており、電話がかかってくるたび仲介役の私に舌打ち。スタイリストはヘアカット中や、お客様と会話がはずんでいる時に、「失礼いたします」と電話内容を伝えるたびに睨み、しまいには無視。電話口で待たしているお客様には申し訳ないですが、スタイリストの返答があるまで待つしかありませんでした。そのうち、朝礼などであからさまに無視されるようになり、嫌がらせをうけるようになりました。どうにかしてコミュニケーションとれないか、スタイリストが働きやすい環境を作れるか受付として、他の店舗の先輩や上司に相談しました。それでもスタイリストと関係がうまくいかず辞めてしまいました。
やはりこうなった原因は自分の安易な考えにあったように思います。あとから聞くとその美容院の受付は私と同じケースで辞める人が多い職場だったそうです。仕事を決める時は、どんな職場かしっかりと自分なりに勉強したり、見に行ってみて決めるべきだったと思いました。この転職失敗体験記のURL

苦労の末に手にしたものは・・・
女性/34歳/のあ

医療事務の仕事がしたいと思い、働きながら通信の医療事務講座を受け、資格試験にも合格。(もちろん、働きながら勉強するのはたいへんでした。)
運よく中規模の病院に採用され、張り切って勤務開始したものの、職場の医療事務チームの人達はなぜかみんな冷たい対応、初めて医療事務として働く私の手助けをするでもなく、お昼の最中も無視され、一人で弁当を食べる毎日・・・
医療費計算など失敗してはいけない仕事へのプレッシャーと、職場での居心地の悪さ、それに加えて毎日意味のない残業(先輩方のおしゃべり・喫煙タイムに付き合う)と残業代の未払いなど、色々と重なり、ほぼ鬱状態に。
もうやっていけないと3カ月もせずやめましたが、私が退職すると決まってから、みんな優しくなりました。
結局、気に食わない、グループに合わない子は受け入れない職場だったみたいです。
講座まで受講して転職したのに、骨折り損のくたびれもうけでした。この転職失敗体験記のURL

甘い言葉に釣られて…
女性/26歳/アラサー

フリーターで生活している私はバイト求人を眺めるのが趣味。ある時ふと目に止まったのは1日から働ける、1日最低〇〇円保証、高時給、スタッフみんな仲良しという言葉。1日から働けるのであればと応募してみました。面接までスムーズにメールでやり取りし、ついに面接日。応募したのはイベントスタッフのバイトで、そのイベント会社の社長とお付きの女性スタッフが面接してくれました。話を聞いていくと…どうやらイベントスタッフでもイベントコンパニオンの募集だったらしいのです。基本的には1日のみでは無理、1日最低〇〇円保証も1日8時間は働かないと保証できない、コンパニオンとして研修期間があり時給はスズメの涙ほど。うたっていたこととあまりにもかけ離れていた内容で、甘い言葉には要注意だな…と改めて思った事例でした。
もちろんそのバイトはお断りしました。この転職失敗体験記のURL

プライドの高い大人女子校
女性/30歳/朱雀

昔のことですが、事務職から営業事務職への転職に伴い、某大手企業に就職しました。
しかし、私が所属した部署は女だらけの女子校みたいな職場で失敗しました。

失敗した理由としては、人間性を見る目がなかったことにあると思います。
その部署はいい歳した30代〜40代のほぼ独身女性20人くらいで構成された部署で、とにかく気に入らない子がいたりすると、その人の家族ネタ、服装チェック(あのタイツ何ー、あの服って胸垂れてみえるーとか)、交友関係(あの人ってコネ入社で父親は○○らしいよーとか)あらゆることをネタに何が楽しいんだかわかりませんがバカ笑いして陰口が多い職場でした。

また社内では不倫もあったため、不倫現場を目撃したら騒ぎ立てる、はっきり言って何しに来てるかわからない人間性が欠けている人たちばかりでした。

さらには仕事中はお菓子を貪り、芸能人の切り抜きをデスクにベタベタ貼り付け、PCでは芸能情報探し…呆れるばかりでした。
そのせいなの30代〜40代の独身女性が多く「男好きだがモテない女子」ばかりでした。

そのため、そんな状況で仕事なんて集中できる環境ではなく、
何よりここに染まってしまい人間性がダメになるようなこんな人たちには絶対なりたくない!と強く思い、3年後に退職しました。

その後、男女混合のIT企業の部署に就職しましたが、
以前いた職場とは比べるまでもない陰口なんか全くない(ネチネチした人がいない職場)、サバサバした人たちばかりで仕事もやりがいのある職場に出会えました。

今思えばもっと早く退職すれば良かったと思いました。
自分が働いている職場だけの視野だと周りが見えないし、転職もできるか不安でいっぱいになるため中々行動できませんでしたが、思い切って視野を広げて見ると自分がみていた場所が当たり前ではないことがわかりますし、自分にとってプラスになることの方が多かったです。
転職をすると以前の職場の良いところ、悪いところを比較でき今の職場で良かったと確信が持てました。

今も別部署で働いている同僚に話を聞くと、売り上げは落ち、多少の人事異動はあるものの、権力を持った女子たちは新人いびりをしているそうです。
そのせいか、新人が入って来てもすぐ辞めてしまう状況ばかりが続いているそうです。

私があの職場であのまま居続けていたらきっと人間腐っていたと思います。
どんな職場でも人間関係までは選べないので働いてみてはじめてかることだと改めて実感しました。この転職失敗体験記のURL

資格さえ取れば…
女性/31歳/山っ子

「資格さえ取れば」転職できる!と思いたち、販売職から医療事務へてん転職した私。確かに「転職」はできたものの、私のゴールは資格を取ることになっていたようで、いざ入社してからが地獄でした。資格はほんのスタートライン。そこから実務をこなすとなると本当に、机の上で勉強しただけじゃ、ダメだと言うことが身にしみてわかりました。この転職失敗体験記のURL

残留したけど
男性/56歳/なおき

臨時の早期退職に募集してが、上司に強く引き止められ、残留した。2年経ったが、
まだ当時のプレミアに達してない。後悔している。この転職失敗体験記のURL

偽り
男性/36歳/じゅんこ

正社員だから入社してくださいと言われ、入社したら派遣だった。
賞与、昇給ありなのにしない。
働いてた会社の給料など聞かれ正直に答えたら、安いから日本エイム入ったほうがいいよ、と言われ入社したが、エイムのほうが安い。
この転職失敗体験記のURL

予想とは違う!
男性/24歳/とりっぴー

ほとんどが思っていたのと違って、失敗したなと思った!具体的に言い表せないほどです!この転職失敗体験記のURL

   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25