こんなはずじゃなかったのに…転職失敗体験記を募集中です。

転職失敗体験記.comでは、転職したものの失敗に終わってしまった体験記を紹介しています。
ユーザーのみなさまから寄せられた、体験記をどうぞお役立てください。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  
アットホームという名の…
女性/27歳/ララみ

以前働いていた職場は人間関係がギスギスしていたのもあり退職しました。今度の職場は小規模でアットホームでいいよ。と転職サイトの人に言われ転職しました。しかし、実際に働いてみるともちろんいい人もいますが噂話や悪口があっという間に全ての人が知っている…。話をしたこともない人が私の色々な情報を知っている…。という恐ろしい職場でした。
仕事をコロコロ変えるのも大変なので今のところは目立たずひっそりと働いていますが、ある程度お金が貯まればやめようかと考え中です。この転職失敗体験記のURL

給料が入社後事前説明と全く異なっていた。
男性/60歳/もっくん

研究開発テーマが中止になり、所属部署の統廃合が囁かれた時、転職を決断した。 転職先が上場企業であり、実務経験、実績、業績を理解してくれているものと信じていた。 
入社後、初回の給料明細を見て唖然とした。入社前の説明の給料より、月額10万円も低い。 
何のための転職かと思い人事部に抗議に行った。それが悲劇の始まりだったのか。 初年度はある程度、見直しはあった。 年齢的にも転職が厳しい状況であったので、その後15年間いたがその間の昇給無しで減俸あり。 窓際業務と雑用的な職務で精神的に破滅的であった。 居た堪れなくなり、退職を申し出たものの、懲戒解雇という手段で退職金ゼロで追い出された。弁護士を立て、退職金の請求訴訟を行ったが、悪徳弁護士に騙され、会社から50万円ぽっちしかとれなかったが、そのすべてを弁護士に持っていかれた。
転職に失敗したのは日本写真印刷株式会社という日本最大のブラック企業とその弁護医師に今も憎らしく思っている。一生、恨みは消えないであろう。 同様のことが、この会社では行われているらしい。この転職失敗体験記のURL

逃れられない派閥荒らそい
女性/36歳/こまちまこ

スキルアップを目指して転職しました。
栄養士の資格があり、個人病院で募集があったので、仕出しのお弁当を作っているよりもいいだろうと考えて転職したんです。
その病院には院長先生のほかに先生が3人いて、院長先生は普段ほとんど見かけません。
仕事を初めて少しの間、みんな優しいなと思っていましたが、だんだんと内部事情が見え隠れしてきました。あの人はあの先生よりの人だとか、あの先生派のグループだとか。誰かと話せば、その派閥に入るのかと勘ぐられました。ただ仕事をする上での必要な会話をしていただけなのに。
結局、院長先生の後を誰が継ぐのかとみんな疑心暗鬼になっていて、新しく入った私が誰につくのか、どの派閥の人数が増えるのかが周囲の関心事のようでした。どの派閥にも入りたくなかった私は、周囲から浮いた存在となり、あやふやな立ち位置は敵意でしか見られなくなりました。何をしても、何を言っても疑うような視線を向けられて。
結局、仕事に行こうと思うと体調が悪くなることが続き、やめました。雇用待遇が良くても、仕事が出来ても、一緒に働く人が悪いと全てがダメになるのだと痛感しました。この転職失敗体験記のURL

夜から昼へ
女性/37歳/ちゃぴー

10代の頃からキャバクラやスナック等の水商売しかしたことがありませんでした。結婚し、子供ができてからも仕事を続けていましたが、30歳で離婚し子供を3人連れて田舎に帰り仕事を探すことに。もう年も年だし田舎は水商売に対する偏見が強く世間体と子供がいじめに遭うかも知れないという懸念から初めて昼間の仕事に就くことにしました。とは言え学歴も職歴も資格もない私にできる仕事は限られており、とりあえず資格が必要なく急募だった老人ホームの調理員として働き始めました。ところがそれまでとは全く違う中高年女性ばかりの職場でパートタイマーは私を含め2人しかおらず正社員のおばさま方から散々嫌味ばかり言われ最後には不眠、頭痛、めまいの症状が出て心療内科にまで通うはめになり、耐えきれずたった1年で退職。もう1人のパートさんも散々いじめられすぐに退職。次に入ったパートさんもストレスで不眠とじんましんが出たそうです。ひどい職場でした。その後他の施設で介護職として就職し、人間関係にも恵まれ3年後介護福祉士の国家試験に合格。同じ会社の男性と再婚し子供にも恵まれ元気に4人の母親をしています。この転職失敗体験記のURL

設計業務のはずなのに
男性/31歳/バインズ

ある会社に派遣された時の話です。当初は設計業務という内容で派遣されていましたが、実際は製品のハーネスの図面を描く作業ばかりを半年くらいしていました。労働環境は決してよくなくて残業は当たり前なうえに、社内風土だと思いますが設計業務を怠るので製品の仕様変更が頻繁に起こっていました。その結果、予算がなくなってわずか1年間で雇用打ち切りになりました。
設計補助業務を期待していたのですが、納期短縮を要求される毎日でただただ苦痛でした。この転職失敗体験記のURL

やはり規模は大切
男性/56歳/まんざらく

今まで中規模の会社にいましたが、昨年友人の会社に転職。
30人程度の会社なのですが、何から何まで自分で管理
しないといけない。
事務処理も全部自分。
やはり会社の規模は大切だった・・・この転職失敗体験記のURL

学生気分
女性/25歳/ひなまま

なんとなくずっと働きたいと思っていた不動産会社。何社も受けてやっとのことで受かり、社長からやる気があるから…といろんなことを教えてもらった。普段はいけないようなお店での食事やゴルフ、不動産0からのスタートの私に仕事も一から教えてもらった。パソコンの使い方、コピーの仕方、不動産仲介とはどういうものか。お金をもらいながら勉強できていいね。と…。やる気があるからと、どんどんどんどん他の人より新しい仕事を色々任せてもらった。間に合わなくて追い込まれてプレッシャーに押し潰されて、学生気分が抜けなかった私はそこで逃げて辞めてしまった。どこか諦めきれず次の仕事も不動産。今回の会社では営業時間外に自分で勉強をしろ。見て覚えろ、わという会社で、営業中はなんにもやらせてもらえなかった。学生気分が抜けなかった私、教えてもらうことが当たり前だと思っていた。上司から仕事を教えてもらうこと、任せてもらえること。期待してもらえること。それが今になってどれだけ幸せなことかわかった。この転職失敗体験記のURL

事務職だったはずが、、、
女性/30歳/大吉

小さな車の会社の事務職で採用され、入社式も終わってその直後、社長に「君、営業に向いてるよ!!営業しなよ」と言われ断りきれず営業へ職種変換。
そして次の日はセールスカーと言われ営業は新車購入をしないといけないらしく新車購入。
15%安く買えるといっても80万は払いました。それをフルローン。そして二年に一度買い替えなければならない。
結局上司のセクハラ(おしり触られる)とノルマのきつさ、携帯代金自腹、拘束時間の長さ、休みが月1程度ということもあり、次の車の買い替え前ぎりぎりに退職。最終的にローン20万残りました。この転職失敗体験記のURL

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20